不登校を経験した生徒たちと挑む大学受験記

元々不登校に悩まされていた生徒たちと大学受験を挑む講師の日常や考え、受験情報をお伝えするブログです。

なんとなくワンランク下の私立行って、指定校推薦で良い大学に行けたらって、そんなに甘くない。

こんにちは!

名古屋市通信制高校
不登校を経験した生徒たちに
大学受験指導をしている
ふくちゃんです!

今日は指定校推薦について。

僕は高校受験部で
教室長をしたこともあるので
保護者面談などで
よく言われるんですけど

「無理に頑張って、
 公立の進学校行くより
 ワンランク下の
 私立で頑張って
 指定校推薦で
 難関大学を目指した方がね」

この考え方は危ないですよ。

現在の大学受験は
推薦入試の割合が年々増えており
私立ではおよそ半分
国公立でも3割程度は推薦で決まる。

だから、指定校推薦の枠も
以前よりも増えている。
それは確かにそうです。

ただ、良い大学の指定校枠が
取りやすいって訳ではないですよ。
それこそ、校内での激しい争いがあります。

高1の1学期から高3までの
平均評定で勝負するのが指定校推薦です。

およそ、良い大学に行こうと思ったら
平均評定4.0が必要です。

しかし、ライバルが
4.0以上持っていたら
指定校推薦はもらえません。

しかも、平均評定なので、
勝負する科目は
3教科や5教科ではありません。
全教科での勝負になるんです。

得意、不得意がと言わずに
入学時の学力は
ほぼ横並びのスタートで
常に学年の上位10~30%ぐらいの
成績を取り続けないと
良い大学の指定校推薦は取れないんです。

※難関でない大学の指定校はこの限りではないです。


これらを冷静に考えたら、
「しんどい」とか
「頑張り切れない」とか
そんな理由で
公立受験を
最後までやり抜けない
生徒さんがですよ。

指定校推薦の争いで
生き残れると思いますか。

正直に言えば、
一般入試で
大学に行くよりも
指定校推薦で
難関大に行く方が
努力量は多いですよ。

皆が部活だ、文化祭だと
青春してる間も
3年間絶え間なく
努力を続けること。

これを、高校受験を
最後までやり切れなかった生徒が
なんの覚悟もなく
出来ると思いますか。

高校受験の結果がどうというよりも
最後までやり抜くことが大事なんですよ。

だって、高校受験は通過点だから。

高校受験での頑張りを
大学受験まで繋げていかないと
いけないんですよ

「ウサギとカメ」という
お話がありますが、
あのウサギは怠け者でしたが
世の中には、
怠けないウサギがたくさんいます。

「高校受験終わった~」って
怠けた瞬間、差が開きます。

その差が、そのまま指定校推薦を
もらうことができるかどうかの
差になっていくんです。

難関大学の指定校推薦が欲しいなら
怠けない、走り続けるウサギであること。
これが求められるのです。

それでも、
指定校推薦を取りに行く人
めちゃくちゃカッコイイんで
頑張ってください!


指定校推薦、公募推薦、総合型選抜の違いをまとめてみました!

こんにちは!
名古屋市通信制高校
不登校を経験した生徒たちに
大学受験指導をしている
福ちゃんです!


大学入試の話となると、
決まって出てくるのが「推薦入試」。


「成績優秀者な子とか、
部活をがんばった人が受ける、
特別な入試でしょ?」

「詳しくわからないけど、
うちの子には関係ないだろうな」
なんて思われる方が
いるのかもしれません。

しかし、今の推薦入試は、
保護者世代が想像するものとは
違うことも多いので、
まずは情報として知っておくと良いですよ。


推薦入試を考えた時に
「昔よりも複雑になっていて、
なんかよく分からない」と
なってしまうかもしれませんが、
それを解決していきます。



学校推薦型と総合型って

何がちがうの?


まず、今の大学推薦入試は、
「多くの人に合格のチャンスがある」
これがポイントです。


昔の大学入試の「推薦」というと、
成績優秀者や一芸に秀でた特別な人だけが、
という印象が強いかもしれません。


しかし今や、
学生にとっても身近な入試方式。
私立大の入学者の半数以上が
推薦入試での入学なのです。


そもそも推薦入試には、
大きくわけて
「学校推薦型選抜」と
「総合型選抜」の2種類があります。


この2つの一番大きな違いは

出願に高校の校長先生の推薦が
いるか、いらないか」です。


「学校推薦型選抜」には

校長先生の推薦状が必要。

一方の「総合型選抜」は不要です。

 

なぜならば、
「大学の方針と
受験生の希望の
マッチングを重視する」入試だからです。


総合型選抜を実施する多くの大学では、
「どんな学生を求めているか」を
アドミッション・ポリシーで示しています。


このアドミッション・ポリシーにそって、
「生徒が大学に合うのか」を評価していくのです。


総合型選抜では、

実際にどんな試験が多い?

総合型選抜は、
受験生の学習意欲や
明確な目標意識を評価します。

なので、下記のような
学力以外を見る試験が多いです。

・面接
・小論文
・レポート


学校推薦型は?

学校推薦型選抜は、
学校長の推薦が必要な入試制度です。

出願条件として「評定平均4.0以上」など、
高校自体の成績に一定の基準がある大学が多いです。


また学校推薦型の中に、
「指定校制」「公募制」の2種類があります。

①指定校制
大学側が特定の高校に

募集枠を用意して実施する方式。
学習や部活動などの成績を評価し、
校内で選考が行われます。

募集人員は少なく狭き門ではありますが、
校内選考に通れば、

ほとんど落ちないのが特徴です。

 


②公募制
大学が示した条件をクリアし、
学校長の推薦があれば、
どの高校からも出願できる方式。

大学の出願条件として
評定平均値に基準があることが多い入試です。
「一般推薦」と「特別推薦」にわかれます。

・一般推薦…
書類審査や面接、
小論文を課すケースが多い。
出願に必要な成績基準は高めで、
共通テストが課されるケースもある。


・特別推薦…
スポーツや文化活動、
課外活動などの実績が評価されます。


入試スケジュール


学校長の推薦がいらない
「総合型選抜」と、
学校長の推薦がいる
「学校推薦型選抜」の、
一般的な目安をまとめていきます。

まず、学校長の推薦がいらない

「総合型選抜」。

 

9月     出願
10~11月 合格発表


合否が決まる時期は、比較的早めです。

 


一方、学校長の推薦がいる

「学校推薦型選抜」。


9月    校内選考 
※指定校制の場合
11月  出願
12月  入試・合格発表 ※共通テストを課さない場合
1~2月 入試・合格発表 ※共通テストを課す場合


推薦入試のスケジュールは、
大学・学部学科によって、
大きく異なる場合が多いので、
必ず大学の入試概要のページを確認してください。

 


対策はいつから始めれば良いの?

推薦入試、それ自体の対策は、
高3になると本格的にスタートします。


ただし、

「推薦入試を、受験するかどうか」は
高2の1~3月(いわゆる「受験0学期」)

に決めておくべきです。

なぜなら、高3の4~6月に、
推薦入試に提出する

書類の内容をまとめたり、
出願に必要な検定試験を

受検できるからです。


特に英検2級以上などの
条件が課される場合もあるので、
要注意です。


そして、高3の7月ごろに、
最終的な出願先を決定。


高3の夏休み以降は、
小論文・志望理由書・面接対策などの
具体的な受験対策が始まります。

一般入試と推薦入試、
両方の対策をするので
一番忙しい時期です。


ですが、夏から

勉強を入試対策に切り替えて、
合格している人も多いので

一般入試と推薦入試、
両方の対策が心配なかたも、
心配しすぎなくて大丈夫です

 

一番大事なこと



多くの推薦入試で問われるのが

学校の成績です。

 

出願要件として、
「評定平均値〇〇以上」と

示されることが多く、
求められる評定平均値は、
主に高1から高3の成績の平均値になります。


大学が課す成績基準を満たさないと
出願さえできずに
涙を飲むことになります。

高1〜2の方は可能性を増やすためにも
日頃の定期テストをがんばりましょう。

 

ちなみに、通信制高校

比較的評定が取りやすい仕組みに

なっているので、

公募推薦などは出しやすいです。

 

ちなみに、平均評定5.0の

生徒も普通にいます。

 

難関国公立などでも

志望理由書などの書類が

きちんとしていれば

通信制高校でも

合格が取れるんです。

難関大合格には実際何時間必要?

こんにちは!

名古屋市通信制高校

不登校経験のある生徒たちに

大学受験指導をしている福ちゃんです!

 

難関大合格には何時間必要?

一般的に、

旧帝大クラスの大学には

4000-6000時間

早慶でも

3000時間程度は

必要と言われています。

 

しかし、この数字を鵜呑みにしてはいけません。

例えば、大手予備校の合格者のみに

アンケートを取った場合、

難関大クラスは

偏差値70以上の高校に

通っている生徒さんが多いとします。

 

すると、この平均学習時間は

そもそも偏差値70の高校に通える

基礎学力があって、

さらに学校でも

それなりの勉強をしている上での

平均学習時間です。

 

実際、僕は高3夏の

駿台ベネッセ模試偏差値35から

名古屋大学に受かりましたが

宅浪&独学期間は

毎日12時間は勉強して

それが2年間。

 

12時間×365日×2年=8760時間

 

この時間が必要でした。

そもそも中高とまったく勉強を

してこなかったので、

それはそうだなと思います。

 

結局、大学受験は

総学習時間の多さで決まると

僕は思っています。

 

だからこそ、

中高一貫の名門校は

受験に強いと思いますし

 

そうでない人は、

中高一貫組に負けないぐらいの

学習時間をまず確保しないと

勝負にならないと思います。

 

大事なこと

人は見積もりを立てるときに

自分の能力を過大評価します。

というよりも、

希望的観測が入ります。

 

これが失敗の原因です。

 

自分の現状の学力を

客観的に測ることは

難しいと思います。

 

だから、目安として

これまでの総学習時間を

10000から引いた数。

 

最低限、

そのぐらいは必要だと思って

学習を始めると良いでしょう。

 

 

 

 

改善なき継続に成長はない

こんにちは!
名古屋市通信制高校
不登校を経験した生徒たちに
大学受験を指導している
福ちゃんです。


大学受験に向けて、
勉強していく中で
継続はもちろん
大事な要素です。

しかし、自分の成長に合わせて
継続には改善が必要です。


どうすれば上手くいくのか
どのルートを選べば、最短なのか
そこには、絶対的な正解はありません。


答えはあなただけにしか分かりません。
自分で決めて、自分で行動、
試行錯誤を何度も何度も繰り返し、

その過程で、積み上げたものを
必ず正解に導いていく。

そのためには、何か「改善」が必要。
自分の意志で起こす「改善」を。


自分の意志で、自分で決めた改善。
それによる変化を恐れることはない。

世の中には、改善が必要だと分かっていながら、
その改善をせずに、現状維持で終わる人がほとんど。

しかし、改善無くして成長はない。
現状維持は停滞である。

それなら、改善を繰り返し、
一歩一歩自分の追い求める正解に
辿り着くために踏ん張る


そうやって生きることを
楽しめるようになって欲しい。

歴史を振り返れば、
したくなくても変化を求められる時が
必ず訪れます。

今のコロナ禍なんて、まさにそう。
変わりたくなくても変わるしかない。


そんな時に、改善する習慣がない人間が
簡単に変わることができるでしょうか。

結局、変化しなきゃいけない時に
誰かに変えられるのか
自分で気づいて、
意思を持って変わるのか

楽しいのはどっちでしょう

通信制高校で大学受験を闘うメリット

こんにちは!
名古屋市通信制高校
不登校を経験した生徒たちに
大学受験指導をしている
福ちゃんです。

今回は、通信制高校
大学受験に挑戦するメリットを
お伝えしたいと思います。


まず、いまだに通信制高校は、
「高卒資格を得るために通うもの」
というイメージがある人へ。

ひと昔前は、就職している生徒や、
卒業後すぐに就職する生徒がほとんど、
という時代もありました。

しかし、今では通信制高校を取り巻く
環境は大きく変わっています。

少子化やコロナの影響で、全日制高校が減っていく中、
通信制高校のみが学校数や生徒数を伸ばしています

またそれに伴い、生徒のニーズも多様化しました。
今では、進学に力を入れる通信制高校も多いです。

僕が仕事している通信制高校
不登校を経験したことがある生徒が
大部分を占めていますが、
それでも大学進学を目指す生徒は多いです。

なので、通信制高校から大学受験に挑戦することは
今後もっと当たり前になっていくと思います。


では、通信制高校ならではメリットはなにか?

それはただ1つです。
受験勉強に割ける時間が圧倒的に多いこと。

実際、受験勉強に対して
より多くの時間を割けるという理由で
通信制高校を選ぶ生徒も増えています。

特に僕の学校なんかでは
基礎学力が不足している生徒が多く、
小学生からずっと不登校といった子もいます。

そんな子たちが、現実的に
大学受験で戦おうとなったら
めちゃくちゃな時間が必要になります。

この時間は絶対に全日制高校では作れません。
毎日朝から夕方まで学校に縛られて、
部活をしたら、夜までです。

難関国公立に行こうと思ったら、
4000時間以上必要と言われています。

そんな大学受験において、
自由な時間が多く取れる
通信制高校のシステムは
それだけでメリットなんです。


そして、自由な時間が取れるメリットは
単に学習時間が増えるだけではありません。

最近流行のコーチング型の
個別指導スタイルと相性良いんです。

コーチと多くの時間が取れる
=モチベーション維持がしやすい

つまり、勉強の質もあがるんです。


受験のプロの付き添われて
適切なアドバイスをもらいながら
高いモチベーションを保って
多くの時間を過ごす受験生と


相談する相手もいなく、
自分で試行錯誤しながら、
日々が過ぎていく受験生

どちらが上手くいくでしょうか。


ということで、
現在、通信制高校
大学受験を頑張っている人は
変な負い目を感じずに
頑張ってくださいね!

そして、今後
通信制高校
大学受験を頑張る人は、
自分のアドバンテージを
最大限利用できるように
頑張ってください!

「分からない」=「分かる言葉で言語化されていない」

こんにちは!
名古屋市通信制高校
不登校を経験した生徒に
大学受験指導をしている
福ちゃんです!

今日は「分からない」についてです。


勉強をしている以上、
誰しもが必ず「分からない」に直面します。

そして、教える側もそれを解決すべく
あの手この手を尽くします。

しかし、「分からない」とは
どのような状態なのか。

それを定義した上で
解決を図る人は少ないんじゃないでしょうか。


僕は「分からない」とは、
「分かる言葉で言語化されていない」と
定義しています。

生徒が分かる言葉で、分かる抽象度で説明すれば
必ず理解できるはずなんです。

理解力が悪いのではなく、
理解できる言葉で伝えられていないのです。

もちろん、生徒側にもやることはあります。

それこそ、語彙力が上がる
参考書を読んでもらって、
参考書や問題集の解説を
そのまま理解できるようになってもらう。

これは最終目標です。
しかし、最初からそれが出来るならば、
僕らのような仕事は必要ない訳です。

なので、僕の中では
特に個別指導を得意としているので、
1人1人の生徒の
理解しやすい言語レベルを
ピンポイントで把握して
説明できること。

これが高い指導力だと思いますし、
常にそれを意識して指導しています。

生徒側からすれば、
どれだけ自分にとって
分かりやすい言語レベルで
説明してくれる先生なのかを
大事なポイントとして覚えてください。

なかなか自分一人で
自分が分かる言語レベルにまで
落として理解する作業は難しいです。

だから、今の自分に
最適なコーチを見つけてください。


「良いコーチさえ見つければ、
 どんどん出来るようになる。
 だから、自分の変化に合わせて
 常に良いコーチを探しなさい」

生徒にも良く伝えるのですが、
自分一人で取り組むには
必ず限界があります。

だったら、他人の力を借りて、
よりよい結果を出す方が良いんです。

受験相談は、生徒さんからも
保護者さんからも受け付けているので
お気軽にお問い合わせください。

hukuchan25@rakumail.jp





不登校経験したからって甘えは許さない

こんにちは!
名古屋市通信制高校
不登校を経験している生徒たちに
大学受験指導をしている
福ちゃんです!

タイトルの通り、
指導時にはこれを意識しています。
大学受験を乗り越えるには、
そこに甘えはありません。

他人と比べて、
自分の頑張りを
評価する必要はありませんが、

昨日の自分に勝てないのは
甘えだと思います。


大学受験は、
人生を変えるチャンスです。
そういった想いで
受験を頑張る受験生がいるんです。

小さい頃から青春の大部分を、
勉強に捧げた受験生だっています。

そんな人たちが目指している大学を
自分に打ち勝つことすらできない
努力ができない人が目指すのは、
全力の人間に失礼だと思います。

それなのに、
不登校を経験したことを
盾にするような生徒もいます。

親御さんもそれを良しと
してしまうこともあります。

でも、その子はその先の人生を
1人で歩んで行けるのでしょうか。

大学受験なんて、
厳しいって言ったって
たかが知れています。

しかも、自分のためにだけ
頑張れば良いのだから。

それを過去の自分を
引き合いにだして、
いまを頑張れないって言うのは
良い訳がないんです。

過去の弱い自分に打ち勝たなければ
次のステージにはいけないのだから。

いつまでも足踏みをしている様子を
黙って見過ごして良い訳がないんです。

だから、甘えは許しません。
とことん生徒と対話をして、
生徒に甘えていることを自覚してもらいます。

そこからスタートです。
そして、覚悟を決めてもらいます。

思い出作りではなくて、
本気で合格を目指せと。

なんとなく行けそうなとこじゃなくて
人生で一番頑張ったって胸を張って言えるくらい
努力した先で掴めるようなとこを目指そうと。

生徒にとって、将来に繋がる
人としての成長がある受験を
僕は目指しています。